2011年10月30日

レオパレス専用HDチューナー

レオパレスにはレオネットという入居者専用の有料ブロードバンドサービスがあって、月額1,600円で光ファイバーの集合住宅タイプが利用可能(ADSL物件の場合無料)なんですが、これを申し込むとレオネット専用のSTBが届きます。
実際、部屋には100BASE-TのLANケーブルが引き込み済みなのでパソコンさえあればインターネットは利用できる状態なのですが、STBとLANケーブルを接続すればレオネット専用のCATVサービスとTSUTAYAのVODサービスが利用できます。
今配布されているSTBはHDチューナーと呼ばれ、ハイビジョン画質に対応したタイプでHDMI端子を装備しています。
ただし、ハイビジョン画質に対応した番組は有料チャンネルの一部に限られ、無料で見られるCATVチャンネルは通常画質となります。

leohd1.jpg

HDチューナー正面
本体正面にLEONETという刻印がある以外、メーカーや型番は書いてありません。
左端下にリモコン受光部、本体を左右に横切る細い飾り板の中には左からスタンバイLED、その隣にもLEDがあり、中央は電源ON状態で緑色に光るLED。右端上に電源ボタン。



leohd2.jpg

HDチューナー背面
左から外付けリモコン受光部端子、コンポジット出力2系統、D端子、HDMI端子、LAN端子(ブロードバンド接続用)、LAN端子(パソコン接続用)、USB端子2系統。
なにしろ取扱説明書が無いので外付けリモコン受光部を接続して何に使えるのか、接続できるUSB機器は何があるのかサッパリわかりません。
STB単体でもホームページは見られるので、キーボードとマウスくらいは使えるようになっていてほしいところですが。
うれしいのはパソコン接続用のLAN端子が装備されたこと。旧型STBにはこのハブ機能がありませんでした。
メーカーは加賀電子、型番はNGL-T1000となっていますが、検索してみても何もヒットせず情報は得られませんでした。


leohd3.jpg
専用リモコンは赤外線タイプ。デジタルテレビと良く似たボタン配置です。旧型STBのリモコンには十字キー以外にマウスカーソルを動かすボタンもありましたが、このHDチューナーでは省かれています。
旧型STBと比べるとHDチューナーは電源ONから一瞬で起動し(旧型は20〜30秒くらいかかっていた)、メニュー移動の反応も早く、出力解像度が向上しているためか通常画質の番組でも旧型STBと比較して繊細で色鮮やかになっています。
何よりも、旧型STBは内蔵ファンの動作音がうるさくてイライラしましたが、HDチューナーはファンレス構造なので動作音が無音。これなら、ずっと電源ONにしたままでも大丈夫かなと。

一方で、旧型STBから省かれた機能としてはレオネットの宅配サービスが利用できなくなっていること。
これは、現在住んでいる地域の飲食店などの宅配対応店のメニューをSTBから注文できるものですが、なぜかHDチューナーからは利用できなくなっています。
posted by ぱふっ♪ at 13:37| 東京 ☁| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。